このエントリーをはてなブックマークに追加

車両保険の免責とは

どういった自動車保険を選ぶかによって保険料や保障の内容は大きく異なります。
基本的に必要な自動車保険の保障内容に関しては、一定の目安がありますが、どの部分にどれだけでの保障を付けるかという点に関しては、加入者が自由に選ぶことができます。
そして、保障を厚くしておくほど安心ではありますが、保障を厚くすると保険料は高くなってしまいます。
そこで、同じ保険内容でもできるだけ保険料の安い自動車保険を見つけるために見積もりを比較することが重要になってくるわけですが、もう一つ自動車保険の保険料を節約するための方法があります。
それは、免責というシステムを利用することです。
車両保険には、免責という制度があります。
車両保険の免責とは、一定金額の範囲内は、保障の対象外とする方法です。
例えば、車両保険の免責金額を10万円としておくと、50万円の修理費用負担が生じた場合でも、保険から支払われる金額は40万円ということになります。
なぜこの方法が有利なのかと言えば、自動車事故では相手がいるケースがおおいためです。
たとえ50万円の修理費がかかったとしても、相手の保険から支払われる金額が10万円となった場合、残りの40万円は自分の保険によってカバーできるため、実質的に自己負担額はゼロ円となるわけです。
この免責金額が大きく設定されているほど、自動車保険の保険料は安くなります。
見積もりをチェックする際には、車両保険の免責も視野に入れておく必要があるでしょう。
Copyright (C)2017知ってる?自動車保険のこんな補償.All rights reserved.