このエントリーをはてなブックマークに追加

割引制度の比較

実際に自動車保険の見積もりをとってみるとよくわかりますが、自動車保険の保険料は各社一律というわけではありません。
全く同じ保障内容の保険があったとしても、その保険料は自動車保険の種類によって異なっているのです。
そのため、複数の自動車保険会社から見積もりをとって比較することが大切なのですが、中でも保険料を大きく左右する項目として、契約時の状況によって適用される割引制度があります。
例えば、16等級以上の人が無事故で、さらにその後1年間にわたって事故がなかった場合、保険料が5パーセントから10パーセント程度割引になるという長期有料契約割引が適用となるケースもあります。
また、本人限定割引を活用すると、かなり保険料の節約ができると言われています。
本人限定割引の場合には保障対象が保険に加入する本人のみとなりますが、自分しか運転する人間がいないというケースなら、この割引が適用される自動車保険を選んだ方が得策だと言えるでしょう。
また、長期契約をすることによって、保険料が安くなる場合もあります。
通常の自動車保険は1年契約で、1年ごとに更新をしていきます。
しかし、2年や5年といった長期加入をすることで、保険料を安くすることができるのです。
割引の率や割引きの有無は保険会社によって異なっていますので、見積もりをチェックする際に同時に確認しておきましょう。
少しでも自分にとって有利な割引制度のある自動車保険を選ぶことがポイントです。
Copyright (C)2017知ってる?自動車保険のこんな補償.All rights reserved.