このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードサービスも必ずチェック

一般的な自動車保険の内容を見てみると、必ずと言っても良いほど加入者対象のサービスとしてロードサービスが付帯しています。
ロードサービスの基本は、運転中に事故が起こった場合に、サービスセンターに連絡を入れることで、専門の業者が修理やレッカー移動を行ってくれるというものです。
日常的に発生する可能性の高い自動車のトラブルに関して対応が可能となっているケースがほとんどで、外出先でのバッテリー上がりや、キーの閉じこめなどに関して言えば、無料で対応してもらえる場合が多くなっています。
しかし、このロードサービスの内容は、自動車保険の商品によって異なっています。
中には、多くのサービスが無料で受けられるものもありますが、一部のトラブル対応に関しては有料となっているケースもあります。
そのため、自動車保険を選ぶ段階で、どういったロードサービスが受けられるのかを、しっかりと確認しておく必要があるでしょう。
中には、自動車保険にロードサービスが付帯しているものの、ロードサービス業者と提携して取り次ぎだけを行い、サービス料金に関しては全て実費請求となるケースもあります。
「ロードサービス無料」の謳い文句が付けられている自動車保険であっても、その内容はさまざまですので必ずチェックしておきましょう。
サービス料金に関しては、ロードサービス業者に依拠するといったケースもあるようです。
そのような場合には、思っている以上にサービス利用の料金がかかってしまうこともあります。
見積もりをチェックする段階で、ロードサービスに関する詳しい内容も、確認しておくことが大切です。
Copyright (C)2017知ってる?自動車保険のこんな補償.All rights reserved.