このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまな特約について

対人や対物に関する賠償保険、さらに人身傷害補償保険や搭乗者傷害補償保険といった自動車保険の根幹を成している項目以外にも、見積もりをチェックする際のポイントがたくさんあります。
例えば、自動車保険にオプションとして付けることができる、特約に関しても見積もりの段階で検討しておきたいものです。
特約には色々な種類がありますので、必要な特約を見極めて付けなくてはなりません。
当然ながら特約を付けると自動車保険の保険料がアップします。
そのため、少しでも保険料を節約したいのであれば、ムダな特約を省くことが大切です。
特約の中でも、非常に役に立つものもあります。
例えば、等級によって保険料が変わってしまいますが、事故を起こすことで等級は下がります。
しかし、一度の事故では等級が下がらないという特約もあります。
この特約を付けておくと、万が一保険を使用する事態が起こったとしても、1度きりではありますが、等級を下げることなく事故の処理を行うことができます。
また、臨時運転者特約と付けておくと、基本的な自動車保険の対象外となっている人がその自動車を運転していて事故を起こしてしまっても、保険金の支払いが受けられます。
自動車を第三者に貸し出す機会が多い人にとっては、この特約は安心につながると言えるでしょう。
さらに子どもが運転できる年齢に達しているのであれば、子ども特約を付けておくという方法もあります。
年齢条件を変更するよりも、子ども特約の方が保険料が安くなるケースもあるようです。

保険・自動車保険について、情報量が多いこのサイトでチェックしてみてください

Copyright (C)2017知ってる?自動車保険のこんな補償.All rights reserved.