このエントリーをはてなブックマークに追加

車両保険の必要性

手元に自動車保険の見積書が届いたとき、まずは確認しておきたいのが対人賠償保険と対物賠償保険です。
自分や同乗者ではなく、事故の相手に対する賠償をカバーするための保障ですので、この点がしっかり厚くなっていなくては、自動車保険の意味がないと言えるでしょう。
そして、次に目を向けるべきは、人身傷害保険と藤樹尾車傷害保険です。
こちらは、自分や同乗者のケガなどを治療するために必要となる医療費をカバーするためのもので、こちらも対人や対物と同様に、自動車保険の大切な項目だと言えるでしょう。
そして、自動車事故が起こった場合、傷つくのは人や周囲の物だけではありません。
自分が運転している愛車も、破損するケースがあります。
そういった場合には、自動車保険の中の車両保険によって、その修理代金をカバーすることができます。
しかし、見積もりをチェックしていく順番を考えてみると、車両保険は一番後回しです。
これにはちゃんとした理由があるのです。
車両保険は、言ってみれば無くても良い保障だと言われています。
なぜなら、自動車の修理費用に関しては大まかな予測が立てられますので、貯蓄が十分にあって、自動車を買い換えるという最悪の事態になったとしても、新しい自動車を購入できるだけの財力があれば、とりあえずは生活に困ることがないためです。
しかし、そういった人をのぞけば、やはり車両保険は必要な保障内容だと言えるでしょう。
例えば、過失割合が相手の方が多い事故であったとしても、100パーセント相手の過失となるケースは稀です。
そうすると、1割や2割は自分で修理費用を負担しなくてはならないことになります。
相手が悪い事故なのに、自分で修理費用を負担するわけです。
そのことを考えると、やはり車両保険は必要だと言えるでしょう。
Copyright (C)2017知ってる?自動車保険のこんな補償.All rights reserved.