このエントリーをはてなブックマークに追加

人身傷害保険と搭乗者傷害保険

自賠責保険は、全ての自動車オーナーに対して、法律によって義務付けられている自動車保険です。
その内容は自動車事故を起こしてしまい、賠償が必要になった場合に限られています。
そして、任意の自動車保険でも、自賠責保険と同じように、最も重視されるのが対人や対物の賠償保険です。
そして、任意保険に加入する大きな意味としては、他の範囲に関して、しっかりとカバーできるようにしておくということが挙げられるでしょう。
他の範囲として最も重視するべきは、人身傷害補償保険や搭乗者傷害補償保険です。
事故を起こしてしまった場合、ケガをするのは相手のドライバーや同乗者だけではありません。
運転手である自分がケガをすることもありますし、一緒に乗っていた搭乗者がケガをしてしまうケースもあるでしょう。
そこで、任意保険によってこの部分をカバーしておく必要があります。
自賠責保険ではカバーできない範囲となりますので、慎重に保障の上限を検討する必要があります。
しかし、この部分は対人や対物のように無制限にまで引き上げておく必要があまりあるとは言えません。
賠償と違い、ケガの治療費のみがカバーできていれば、十分にその役割を果たすのです。
一般的な目安としては、搭乗者傷害補償保険に関しては1000万円以上、そして人身傷害補償保険に関しては5000万円以上の保障があれば、多くの場合には問題がないと言えるでしょう。
他にも、無保険車傷害保険、自損事故保険といったつけておきたい保障がありますので、併せてチェックしていきます。
Copyright (C)2017知ってる?自動車保険のこんな補償.All rights reserved.