このエントリーをはてなブックマークに追加

最初に確認するのは対人と対物

見積書を受け取ったら、最初に対人賠償と対物賠償の欄を確認してみましょう。
この賠償責任に対する保障に関しては、自賠責保険でも同じ部分がカバーされています。
そのため、任意の自動車保険ではあまり気にしない人が多いのですが、実際にはこの対人と対物に関しては、保障を厚くしておくに越したことはありません。
対人の場合には、相手にケガを負わせてしまった、または死亡させてしまったというケースに保障が必要となりますので、お金はどれだけかかっても不思議ではありません。
さらに、対物に関しても、公共の物を壊してしまった場合などは、賠償費用が非常に大きくなるケースもあります。
そのため、対人と対物に関しては最初にチェックし、任意保険においてもできるだけ「無制限」にしておくと安心です。
保険料がいくら安く抑えられても、この対人賠償と対物賠償に関する保障が薄くなっていては意味がありません。
例えば、自動車を運転していて事故を起こしてしまい、相手のドライバーが大きなケガを負ってしまったとします。
過失の割合によって賠償額は異なりますが、万が一相手のドライバーに障害が残って、その後の生活に差し支えるような事態になってしまえば、賠償に必要となる金額は非常に大きなものとなるでしょう。
しかも、相手ドライバーや家族の精神的な負担を考えると、賠償金額はケガの治療費だけでは済まないケースもあると思います。
予測は難しいですが、最悪のケースを想定して対人賠償と対物賠償は無制限としておいた方が得策です。
Copyright (C)2017知ってる?自動車保険のこんな補償.All rights reserved.